場面ごとに使い分けられる!封筒の種類について解説

封筒

ITの発達した現代においても、契約書や資料の発送など封筒を使用する場面は少なくありません。大事な取引先やお客様へ送る書類は、体裁にも気をつけたいものです。

たとえば同じ長方形の封筒でも、縦型の長形封筒と横型の洋形封筒が存在します。

ここでは、ビジネスシーンなど日常的に使用する封筒の種類や主な用途についてご紹介します。大き目のサイズのものや特殊な加工が施されているアイテムも、参考程度にあわせて取り上げました。

主な封筒の形は3種類

人類史における封筒の始まりは、古代バビロニアにあるとされています。日本史上では、江戸時代には既に現代と同じ形状の封筒が流行しており、更にそれ以前には手紙を包んだ紙の上下を折った簡易的な封筒「かけがみ」が使われていました。

現代はさらにバリエーションが増え、いわゆる子供向けのファンシー封筒や100均でもおなじみの茶封筒など、デザインも形もさまざまです。

ここでは、多種多様な封筒の中でももっとも使用されることの多い、代表的な3種類の封筒についてご紹介します。

長形封筒

長形封筒

いわゆる茶封筒など、縦長の封筒を長形封筒と呼びます。縦の長さが横の長さの2倍以上あるもので、縦書きの日本語に適していることから「和封筒」ともいいます。

封入物を3つ折りにして入れるケースが多いため、封入枚数が少ないものやカードなど小さなものを送るときに最適です。

郵送する場合は、重量の他にサイズも料金を変動させます。ポストへ投函するときは定型郵便・定形外郵便の区分に注意しましょう。

長形封筒のサイズ展開は、以下の8種類があります。

名称区分サイズ(横×縦)主な用途
長形1号定型外142×332mmA4サイズを縦に2つ折りできるサイズB4なら横に3つ折り可能CDジャケットなどが入れられる
長形2号定型外119×277mmA4を横に3つ折りできるB5は縦に2つ折りで入るサイズはがきを折らずに入れられる
長形3号定型120×235mmA4を横に3つ折りしたサイズが入る伝票や書類の送付に使われる最も一般的なサイズ
長形4号定型90×205mmB5を横に3~4つ折りして入れられるL版写真を折らずに入れられる
長形13号定型105×235mmA4サイズを横に3つ折りしたサイズが入る
長形14号定型95×217mmA4サイズなら横に4つ折りできるA5は縦に2つ折りして入れられる
長形30号定型92×235mmA5が縦に2つ折りして入るB5なら横に3つ折りすると入る証明写真や名刺を折らずに入れられるサイズ
長形40号定型90×225mmA4を横に4つ折りすると入る名刺などを折らずに入れられるサイズ

角形封筒

角形封筒

角形封筒は、書類を折らずに入れることのできるタイプです。和封筒に比べると横が長いため、縦横の比率が2倍未満となります。

就職活動の履歴書を送付するときや、ビジネスシーンでは契約書などの重要書類の送付に利用されます。

他にも冊子など大き目のものや厚みのあるものを入れることができますが、郵送する場合は厚さによっては料金が高くなるため、注意が必要です。

角形封筒のサイズ展開は、以下のとおり12種類です。

名称区分サイズ(横×縦)主な用途
角形B3号定形外375×525mm定形外郵便用封筒の最大サイズA3やB3サイズが折らずに入る
角形A3号定形外320×440mmA3が折らずに入るサイズ図面など大き目の書類送付に利用される
角形0号定形外287×382mmB4が折らずに入る枚数の多い書類や冊子の送付に役立つ
角形1号定形外270×382mmB4が折らずに入るポートフォリオなどの送付に適している
角形2号定形外240×332mmA4サイズが折らずに入れられる書類や雑誌の送付に利用できる
角形20号角形国際A4定形外228×312mmA4が折らずに入る履歴書など少ない枚数の書類送付に最適
角形3号定形外216×277mmB5を折らずに入れられる雑誌や冊子にちょうど良いサイズ
角形4号定形外197×267mmB5が折らずに入るノートなど薄めのB5サイズ冊子に適している
角形5号定形外190×240mmA5サイズを折らずに入れられる枚数の多い伝票などの送付に役立つ
角形6号定形外162×229mmA5が折らずに入る薄めのA5サイズ冊子や伝票などの送付に最適
角形7号定形外142×205mmB6を折らずに入れられるはがきサイズを折らずに送付できる
角形8号定形119×197mmB5を横に3つ折りして入れられる定形郵便で幅広のもの・大きいものを送るときに便利

洋形封筒

洋形封筒

海外で一般的な封筒が、洋形封筒です。宛名を横書きでき、封入口が大きいことから日本でもさまざまな用途で使用されています。身近なものであげると、エアメールやダイレクトメールなどです。イベントの招待状にも適しており、ビジネスでもプライベートでも活躍します。

近年は可愛らしいデザインのファンシー封筒が洋形封筒タイプで作られているため、和封筒に比べると親しみやすさを感じる方も多いのではないでしょうか。

洋形封筒のサイズ展開は、以下の10種類があげられます。

名称区分サイズ(横×縦)主な用途
洋形0号定形235×120mmA4を横に3つ折りできるサイズ
洋形1号定形176×120mmA5を2つ折りできる結婚式やイベントの招待状に適している
洋形2号定形162×114mmA5の2つ折りサイズが入る手紙の送付に使用される一般的なサイズ
洋形3号定形148×98mmB5を横に2つ折りしたものが入るはがきサイズのカードの送付に使用できる
洋形4号定形235×105mmA4の3つ折りサイズが入れられる折っても問題ない書類の送付に最適
洋形5号定形217×95mmB5サイズを横に3つ折りにしたものが入る挨拶状など枚数の少ない書類・手紙に適している
洋形6号定形190×98mmB5を横に3つ折りできるサイズチラシやフライヤーなどダイレクトメール送付に最適
洋形7号定形165×92mmA5を横に3つ折りしたものが入るお札を入れるのにちょうど良いサイズ
洋長3号定形235×120mmA4を横に3つ折りしたサイズが入るダイレクトメールで使用される一般的な大きさ
洋長4号定形205×90mmB5を横に3つ折りして入れられるL版写真を折らずに封入できる

特殊な封筒の種類

一般的な封筒は、底がのり付けされた筒状で、宛名を表に記入します。ビジネスシーンを中心に、利便性に長けたその他の種類があることをご存知でしょうか。

この項目では、いわゆる「特殊な加工」のなされた封筒の種類についてご紹介します。

窓付き封筒

窓付き封筒

封筒の一部を切り抜いて中身が見えるように加工した封筒のことをさします。開けられた部分は窓と呼ばれ、封入した書類に印字された宛先が見えるのが特徴です。

これにより、1通1通封筒へ住所を書かずとも、書類冒頭の宛先部分を活用することで大量の郵送物を作成することができます。

窓部分に施された加工の種類により、「セロ窓」「グラシン窓」「オープン窓」などこまかく区別されることもあります。

二重封筒

二重封筒

中身が透けないよう、二重になった状態の封筒です。一般的には表面が白い封筒で、中は内容物や文字が透けにくい紫色の紙(裏紙)が貼り付けられています。

正式な封筒の形とされており、目上の相手へ送るには覚えておきたい種類です。社交や儀礼用の文書を送るときに使用されます。

ただし、たとえ目上の相手であってもお見舞いや弔事、結婚のお祝いには使用しないよう注意してください。「重なる」という意味にとられ、不適切とされているためです。

箔押し封筒

箔押し封筒

ホットスタンプとも呼ばれる箔押し封筒は、その名のとおり箔(フィルム)を封筒に熱圧着させるものです。ロゴや社名などを箔押しすることで、メタリックなデザインがワンポイントとなります。

高級感を演出するときに役立つ加工です。ビジネスシーンではダイレクトメールや書類送付用の封筒に箔押しすることで、開封率アップやブランドイメージの確立・向上にも役立ちます。

さまざまな色の箔押しが存在しますが、最も人気が高い色はやはり高級感のあるゴールドとシルバーです。

ミシン目付き封筒

ミシン目付き封筒

開封部分にミシン目を付けた封筒です。のり付けするタイプのダイレクトメールに比べると、手軽にきれいに開けられるため、開封率アップを期待できます。

デメリットは開封時にゴミが出てしまう点ですが、開けやすさのメリットにはかないません。身近な封筒で言うと、ダイレクトメールの他には選挙時の投票所入場券の送付に使用されています。

どのように封筒を使い分ける?

様々な封筒

封筒はシーンや用途に合わせて使い分けることがポイントです。サイズはもちろん、封筒の色や形にも注意しましょう。

たとえばビジネスでは清潔な白封筒が最も一般的です。重要な書類や冊子を送る場合は、白封筒を選ぶと失敗しません。

ただし、請求書や領収書の送付には茶封筒で十分です。書類の折り方を守れば、薄手の茶封筒でも中身の文字が判別できるほど透けることはないでしょう。

招待状や辞令文書には、洋形封筒が最適です。即座に取り出せて内容を確認できるよう、最適なサイズを選んでください。

※一部当社では取り扱っていない商品もございます

まとめ

封筒には、一般的な長形の他にも角形や洋形といった種類があり、更にはさまざまなサイズが販売されています。

折り曲げたくない書類や冊子の送付には大きな角形が、招待状を送りたいときは洋形が、と用途に合わせて選ぶことで、やりとりがスマートになります。

また、一般的な茶封筒の他に正式な場で活用したい二重封筒や、大量に送付したいときに役立つ窓付き封筒など、つくりも多種多様です。ビジネスでもプライベートでも、サイズ・色・種類の各ポイントに注意して用途に合う封筒を使用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました