使った方が断然ラク!佐川急便のe飛伝で発送時間を短縮しよう

封筒

会社や店舗など、発送の際には佐川急便を利用している事務所が多いかと思います。

佐川急便で荷物を送る場合は、送り状に記入し、荷物に貼り付けて送る方法が一般的ですが、荷物ひとつひとつに対して送り状の記入を行うことは、とても時間がかかる作業ですね。

佐川急便には、そんな面倒な送り状を発行してくれるサービス
e飛伝があることをご存じでしょうか。

本記事では、e飛伝が提供する2つのサービスについて、
違いや特徴を詳しくご紹介していきます。

e飛伝とは

佐川急便が提供する、送り状発行サポートのサービスです。

代表的なものに、e飛伝Webe飛伝Ⅱがあり、
荷物を送る際に必要な送り状をパソコンで簡単に作成することができます。

インターネット上でできるものや、手持ちのパソコンにインストールするだけのもの、大量出荷用など利用ニーズに合わせたサービスが提供されています。

e飛伝Web

e飛伝Web

インターネットに接続しているパソコンとプリンターがあればいつでも手軽に送り状が発行できるオンライン上のサービスです。届け先を住所録として保存できるため、届け先を調べる手間も減らすことができます。

主な機能

簡単に送り状を作成できる

難しい設定や入力はなく、届け先の住所を入力するだけの簡単な操作で送り状を発行できます。

送り状が使いやすい

送り状がシールタイプになっており、荷物に貼り付けるだけで出荷準備が完了します。シールタイプの送り状は手持ちのプリンタで印刷できるうえ、貴重品などの指定シールを送り状へ印刷することもできます。

届け先の住所録を作ることができる

届け先を住所録として保存できます。次回発送の際は、保存した届け先を呼び出すだけで送り状を作ることができます。

利用の履歴を確認できる

過去に作成した送り状の内容を確認することができます。そのまま同じ届け先への送り状が作成できる機能もあり、さらに送り状発行の時間短縮ができます。

動作環境

対応OSWindows 7、8、8.1、10
※日本語版以外のWindowsOSには非対応 ※Mac非対応
対応ブラウザInternet Explorer 8.x、9.x、10.x、11.x
推奨PCスペックCPU Pentium4:1.4GHz以上、メモリ 1GB以上
推奨通信環境ブロードバンド(ADSL環境、光回線)
プリンタA5サイズ用紙の印刷が可能なカラーレーザプリンタ、インクジェットプリンタ(インクジェットプリンタについては顔料系インクを推奨)

送り状の種類

送り状は2タイプから選ぶことができます。

A5サイズ圧着式送り状

様々な荷物に使える万能な送り状です。
各種シールと同じデザインのカラーケアマークが荷札に直接印刷でき便利に使えます。

仕様

210mm×148mm
複数個口発送可能
元払専用
A4サイズ送り状

取引先や消費者へ荷物を送る場合に最適な送り状です。
プリント時の差替えが不要なところも便利なポイントです。

仕様

297mm×210mm
複数個口発送可能
元払専用

e飛伝Ⅱ

e飛伝Ⅱ

専用ソフトウェアをインストールして使うタイプの無料のサービスです。

インターネットに接続しているパソコンとプリンタを利用して、
送り状や飛脚メール便ラベルが発行できます。

届け先の住所録機能はもちろん、出荷データの取り込みができ、複数の送り状を一括で作成することができます。

主な機能

簡単に送り状を作成できる

e飛伝Webと同じように、届け先の住所を入力するだけの簡単操作で送り状を発行することができます。

使いやすい送り状

送り状がシールタイプになっており、荷物に貼り付けるだけで出荷準備が完了します。シールタイプの送り状は手持ちのプリンタで印刷できるうえ、貴重品などの指定シールを送り状へ印刷することもできます。

届け先の住所録を作ることができる

届け先を住所録として保存できます。次回発送の際は、保存した届け先を呼び出すだけで送り状を作ることができます。

出荷データの取り込みができる

出荷データをCSV形式で取り込むことができ、複数の送り状を一括で作成できます。

動作環境

対応OSWindows 7、8、8.1、10
※日本語版以外のWindowsOSには非対応 ※Mac非対応
対応ブラウザInternet Explorer 8.x、9.x、10.x、11.x
推奨PCスペックCPU Pentium4:2GHz以上、メモリ 1GB以上
HDDインストール時に必要な空き容量100MB
ディスプレイ解像度1024×768以上、色数256色以上
推奨通信環境ブロードバンド(ADSL環境、光回線)
※ISDN環境は利用不可。ADSL環境であっても回線速度等の問題により利用できない場合がある。
プリンタA5サイズ用紙の印刷が可能なカラーレーザプリンタ、インクジェットプリンタ(インクジェットプリンタについては顔料系インクを推奨)
Adobe Reader操作説明書の参照に必要

送り状の種類

送り状は5のタイプから選ぶことができます。

A5サイズ圧着式送り状

様々な荷物に使える万能な送り状です。

仕様

210mm×148mm
複数個口発送可能
元払専用
圧着サーマル送り状

一般消費者に大量の代引き発送をする際に最適な送り状です。

仕様

210mm×105mm
複数個口発送可能
元払専用
らく楽複写送り状

そのまま荷物に貼り付けられるため、複数個口の出荷が多い場合に便利な送り状です。

仕様

177mm×109mm
複数個口発送可能
元払専用
A4サイズ送り状

取引先や消費者へ荷物を送る場合に最適な送り状です。

仕様

297mm×210mm
複数個口発送可能
元払・着払両方可能
飛脚メール便ラベル

飛脚メール便を利用している方向けの送り状です。

仕様

8枚綴り99mm×68mm
10枚綴り95mm×55mm

e飛伝を使うメリットデメリット

e飛伝を使うメリットデメリット

e飛伝は送り状発行に大変便利なサービスです。しかし、導入の際にはデメリットも把握しておく必要があります。

そこでこの章では、e飛伝を使ったときに考えられるメリットとデメリットをまとめています。

メリット
  • 発送の作業時間を短縮できる
  • 書き損じによる送り状の破棄を減らすことができる
  • コストをかけずに導入することができる
  • たくさんの取引先データを安全に管理することができる
  • 住所の書き間違いを防ぐことができる
デメリット
  • オンライン環境がないと使うことができない
  • 利用には事前申込が必要なため、すぐに使うことができない
  • e飛伝Ⅱのインストールと設定がやや複雑

まとめ

e飛伝には、「e飛伝Web」と「e飛伝Ⅱ」があり、利用者のニーズに合わせて選ぶことができます。

  • e飛伝Web → 気軽に使えるオンラインサービス
  • e飛伝Ⅱ → 高機能にしたインストールタイプのサービス

利用することで発送準備の時間が劇的に早く、そして簡単になります。
どちらも無料で利用できますので、発送に少しでも時間がかかると感じれいれば、
導入を検討してみるのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました