郵便・封筒でも着払いが出来る!?料金や手順を徹底解説!

着払い伝票の写真 封筒

通販で購入した会社の備品等を初期不良で返品する際に利用する着払い。
実はわざわざ郵便窓口に出向かずともポスト投函のみで着払い手続きが出来るって知っていましたか?
着払いは、受け取り側が送料を負担する仕組みなので、通常の郵送とは手続きが変わってきます。
とはいえ、一度理解してしまえば役に立つ仕組みなので、今回はその料金体系や具体的な手順を解説していきます。

そもそも着払いとは?

着払い伝票とボールペンの写真

着払い(ちゃくばらい)とは、受取人(着いた側)が送料を支払う郵送方法です。

差出人が送料を支払う元払い(もとばらい)とは違い、商品の返品等に使われることが多く、最近ではフリマアプリ等での料金交渉の材料として使われることもありますね。

切手を貼りポスト投函だけで完了する元払いとは違い、着払い指定のために郵便局やコンビニ、宅配便業者の窓口まで出向くのが面倒に感じる方も多いと思います。

しかし、正しい方法を使えば、封筒をポストへ投函するだけでも着払いで郵送することが可能になります。

着払いの用途が増え、使いやすくなる分、着払いを選ぶ機会も増えますが、着払いで送る場合は受け取る側に事前に同意を得ておかないとトラブルの種になってしまいますので十分注意してください。

着払いできる郵便は決まっている

宅配便と引受証明書の写真

実際にポスト投函で着払いを選択できる郵便物は以下の2つのみとなっております。

ゆうメール ゆうパケット
中身 冊子になった印刷物やCD類 信書以外なら何でも可能
サイズ ・長辺34cm × 厚さ3cm × 短辺25cm以内

・重量1kg以内

・3辺合計60cm以内

・長辺34cm以内、厚さ3cm以内・重量1kg以内

料金 180円~360円(重量による) 250円~360円(厚さによる)
追跡機能 なし あり
伝票ラベル 不要 必要
梱包方法 茶封筒等 茶封筒等
その他 内容物がわかるようにする

 

追跡機能や伝票ラベルの有無など諸所違いはありますが、ゆうメールを利用する方が、安く輸送できる場合が多いためオススメです。

ただし、ゆうメールには内容物の制限があるため、内容物がわかるよう封筒の一部を切ったり、窓付の封筒を使用したりと、梱包物に無色透明な部分を設けることが必要ですので注意してください。

ここからは実際にポスト投函にて着払い発送する方法をご紹介します。

ゆうメールでの送り方

ゆうメールの発送方法はいたって簡単です。

(1)郵送物を梱包(小窓を作ることを忘れずに!
(2)封筒表面に赤字で「着払い」と記入(切手不要!
(3)ポスト投函

以上、3ステップで完了です。

ゆうパケットでの送り方

ゆうパケット利用時には専用の伝票が必要となるため、ゆうメールに比べると作業が増えますが、内容物の制限が厳しくないため、活用できる場面も多いと思います。

以下3ステップで完了します。

(1)ゆうパック「専用あて名シール」を入手、記入、貼付(郵便局窓口で入手)
(2)封筒表面に赤字で「着払い」と記入(切手不要!
(3)ポスト投函

注意頂きたいのは、「専用あて名シール」は宅急便の伝票とは違い、コンビニでは手に入らず、郵便局の窓口から入手する必要があるということです。

着払いを利用する場合には、事前に郵便局の窓口に行き専用のあて名シールを沢山入手しておくとよいでしょう。

また、ゆうパケットには追跡機能があり、「あて名シール」に記載の12桁の追跡番号を控えておけば、公式サイトにて配送状況を確認することができます。

公式サイトの「個別番号検索」ページで現在の配達状況も含め確認できるため、普通郵便での郵送よりも安心できます。

宅配便との比較

メリットとデメリットの写真

ゆうメールやゆうパケットだと、サイズ・重量・内容物制限により、配送できないという場合は宅配便で発送するのが良いでしょう。

もちろん宅配便でも着払いは可能なので、代表的な配送業者の宅配便サービスを紹介します。

日本郵便:ゆうパック

日本郵便には「ゆうパック」という宅配便サービスもあります。

後述の宅配便サービスよりもサイズ制限は厳しくなりますが、重量により料金が変動しないので、小型であるけれども、重量のある荷物を送りたいという方にはオススメです。

佐川急便:飛脚ゆうメール便

佐川急便の宅配便サービスは、「飛脚ゆうメール便」という商品です。

通常の飛脚ゆうメール便とサイズの大きなものを宅配する「飛脚ラージサイズ宅配便」があるので、大きなサイズの物を発送する際には便利です。

飛脚ゆうメール便については、別記事で詳しく紹介しております。

是非参考にして見て下さい。

【日本郵便×佐川急便】飛脚ゆうメール便ならもっと安く送れます!
日本郵便のサービスのひとつに「ゆうメール」がありますが、佐川急便が差出人となって出してくれる「飛脚ゆうメール便」というサービスがあることをご存じですか?飛脚ゆうメール便を使うと、なんと本家ゆうメールよりも送料が格安になります。今回はそんな飛脚ゆうメール便について詳しくご紹介します。

ヤマト運輸:宅急便

普段荷物を送る時に「宅急便にてお送り致します」という会話を耳にしますが、
その時に出てくる「宅急便」というのは、ヤマト運輸の宅配便サービスの商品名であることはご存じでしょうか?

サイズ毎にサービス名が異なり、

「宅急便コンパクト」→「宅急便」→「ヤマト便」

の順番に大きなものを配送できます。

どこで送るのが最もお得なの?

 

日本郵便:ゆうパック 佐川急便:飛脚宅配便 ヤマト運輸:宅急便
サイズ 3辺合計170cm以内 3辺合計160cm以内 3辺合計160cm以内
重量 25kg以内 30kg以内 25kg以内
料金形態 配送距離とサイズ 配送距離とサイズと重量 配送距離とサイズと重量
料金例 【東京→東京・60サイズ・25kg】810円

【東京→東京・170サイズ・25kg】2,340円

【関東→関東・60サイズ・2kg】770円

【関東→関東・160サイズ・30kg】2,068円

【関東→関東 60サイズ・2kg】930円

【関東→関東 160サイズ・25kg】2,070円

発送場所 郵便局窓口・コンビニ 佐川急便窓口・コンビニ ヤマト運輸窓口・コンビニ
追跡機能 あり あり あり
補償 あり:限度額30万円

(+380円のセキュリティサービスで50万円に増枠)

あり:限度額30万円

(別途、運送保険に追加加入可能)

あり:限度額30万円

(別途、運送保険に追加加入可能)

大きなものを送りたい時は、佐川急便・ヤマト運輸を利用する方が料金は安く抑えられます。

特筆すべきは、小さいけれども重いものを送る際は、断然ゆうパックがオススメということです。

佐川急便、ヤマト運輸の料金形態では、3辺合計と重量により料金が決定されるのに対し、日本郵便では、3辺合計でのみ料金が決定されます。

仕組みをうまく活用してお得に宅配便を郵送しましょう。

まとめ

まとめ

封筒に入るサイズの物であれば、ポスト投函でも着払い発送ができるというのは非常に便利ですよね。

一回ずつの送料は微々たるものでも、積み重なれば大きな経費となってきます。

一方的に着払いで送りつけるのはマナー違反ですが、了承を得た上で送料を削減できるのであれば、それに越したことはありません。

面倒な手続きも必要ないので、是非取り入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました