正しく書くと印象アップ!意外と知らない封筒の書き方

封筒

手紙や書類を送るときに欠かせないのが、封筒の表書きと裏書きの作業ですね。
相手の宛先を書いて自分の住所を書く。
当たり前すぎて迷う方は少ないかと思いますが、

正しく書けているかというと
自信はちょっと・・・という方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は封筒の書き方についてご紹介しています。
正しく書くのもマナーのひとつ。それだけで美しくスマートに見えるものです。いつも何気なく書いている封筒の書き方について、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

封筒の書き方のキホン。表書きって何?

封筒表書き

封筒の表書きとは、その名のとおり封筒の表面に書くことです。

送り先の住所と氏名といった宛先の情報を書きます。
表面とは切手を貼る部分で、蓋を折った反対側にあたります。

縦型封筒の書き方

縦書き横書きについて、きちんと書かれていればどちらの書き方でも届きます。
ですが、ここでは一般的な縦書きの場合をご紹介します。

  1. 郵便番号
    切手と同じ高さに揃えるようにします。
  2. 切手
    向かって右上に貼ります。
  3. 宛先
    住所は右端から縦に書きます。
    番地は漢数字で書くのが基本です。英字は1文字ずつ縦に記します。

    目上の方や改まった手紙の場合は、ビル名やマンション名を略さず書きます。

    企業にあてる丁寧な手紙の場合は(株)といった略字を使わず「○○○株式会社」のように書くのが正式とされています。
  4. 宛名
    中央の郵便番号の枠から1文字下げて書きます。
    大事なお名前がわかりやすいよう住所より大きく書くこともポイントです。

    敬称については、個人宛であれば「様」。
    会社宛・部署宛であれば「御中」を使います。

    住所や会社名・部署名などが長い場合は最初に相手の氏名を中央に書くとバランスがとりやすいです。
  5. レイアウト
    すべての文字が上下左右ともに端から1センチ余白を開けるとバランスが良く仕上がります。

気を付けるべきポイント

「御中」や「様」の書き方


会社名+個人名の場合に送るとき。最終的に個人宛に送るため「御中」は不要となり、個人名の「様」のみ付けます。
敬称には「殿」もありますが、目下の人に使うものとされているので使わない方が無難です。

肩書きや役職の書き方

すでに敬称が含まれている役職名、例えば「課長」や「社長」に「様」をつけるのは間違いです。肩書きや役職名を書く場合は「社長 ○○様」と書くのが正しい書き方になります。

返信用封筒の敬称

返信用封筒の場合は、封筒の宛名には敬称が付いていなかったり、「○○宛」と書かれている場合があります。敬称がついていない場合は忘れず追加しましょう。
そして、「宛」となっている場合は二重線で消してから脇に敬称をつけましょう。

同居や下宿の書き方

宛名が同居や下宿の場合は別行にし、お名前のやや右上に名前よりも小さく「○○様方」と書きます。

「親展」「在中」など、外付けの正しい書き方

注意してほしい事項がある場合、縦書き封筒の左下に「赤字・赤枠」の印を書きます。
よく目にするものの代表としては「親展」があり「外付け」と呼ばれます。

この親展は、ご本人自ら開封してください。という意味があります。
“親しみを込めて送りました”という意味ではないので注意したいところです。

他には、「至急」「重要」などがあります。

重要な書類の場合は「請求書在中」「履歴書在中」も使えます。
こういった外付けを書くことで、大量の書類に紛れることを防いだり、確実に届けることができます。

横型封筒の書き方

横型封筒の場合は横書きが一般的です。ここでは横書きについて見ていきましょう。

  1. 郵便番号、住所
    封筒の左端から2文字分くらいのスペースを空け、端に寄りすぎないよう注意しながら郵便番号と住所を書きます。
  2. 切手
    向かって右上に貼ります。
  3. 宛先
    番地は算用数字で書きましょう。こちらも縦書きの場合と同じく目上の方や改まった手紙の場合はビル名やマンション名を略さず書きます。

  4. 宛名
    宛名は住所より少し大きい数字で封筒の中央に書きます。

  5. レイアウト
    すべての文字が上下左右ともに1センチもしくは2文字分くらい余白をとるといいでしょう。

封筒の書き方のキホン。裏書きって何?

封筒裏書き

封筒の裏書きとは、表面の反対側にあたり、蓋が被さる面です。

一般的に自分の住所や名前を裏書きします。

裏書きする理由は、封書を受け取った相手に封書の正当性を伝え、安心して開封してもらう意味があります。

また、裏書きすると、送付先不明で届かない場合、自分の手元に戻ってきます。
宛先を間違えていて、相手先に届かないまま放置してしまうということを防げますので、マナーとともに裏書きは書いておくべきものです。

縦型封筒の書き方

  1. 郵便番号
    郵便番号枠があるかないかで書き方が変わります。
    【郵便番号枠がない場合】自分の住所と氏名を封筒の中央に書きます。
    【郵便番号枠が印刷されている場合】左側にあることが多いので、自分の住所と氏名も左側に書きます。

  2. 書き方
    縦型封筒の場合は縦書きで書きます。

  3. 封締め
    書き終えたら封筒の蓋の部分に「〆」等の封締めを書きます。
    最後に左上に封かん日を入れて終わりです。

横型封筒の書き方

  1. 郵便番号
    郵便番号枠があるかないかで書き方が変わります。
    【郵便番号枠がない場合】蓋の下、中央か右寄りに書きます。
    【郵便番号枠が印刷されている場合】蓋の下の郵便番号枠と住所の書き出しを左端で揃えて書きます。

  2. 書き方
    横型封筒の場合は横書きで書きましょう。

  3. 封締め
    横型の洋封筒に封締めは不要ですが書いても問題ありません。
    最後に封かん日を左側に入れて完成です。

こんな使い方も!縦型の封筒でも横書きOK

縦型の封筒は横書きにも使えます。縦書きが一般的ですが、企業では縦書き封筒を横書きで使用することも多いので覚えておくといいでしょう。

表書き

まず、向きについて。

郵便番号枠が印刷されている場合は、枠が右下になるように使います。

住所の書き初めは左から2文字分くらい空けます。

番地などの数字は横書きの場合は算用数字で書きましょう。

この場合も目上の方や改まった手紙の場合はビル名やマンション名を略さず書きます。

裏書き

裏書きは、蓋が左になるよう置き、向かって右下側に書いていきます。

郵便番号と自分の住所の書き出しを左に揃え、自分の住所と氏名を書きます。

封締めを入れ、最後に封かん日を左上に書いて完成です

封筒は第一印象になる

封筒は第一印象になる

郵便物が届いて相手が最初に目にするのが封筒です。つまり、封筒はあなたの顔。

対面と同じように、第一印象を左右するのはやはり見た目なのです。

封筒を受け取ったときに、書き方もバラバラ、適当に書いたような見た目だったとき、あなたはどんな印象を受けますか?どんなに中の書類が素晴らしくても最初の残念なイメージが頭をよぎるのではないでしょうか。

正しい書き方を守ることは作法を守ることと同じ

初対面できちんとしたご挨拶のできる方は印象がいいですよね。封筒を送る時も正しい書き方とマナーを守って、相手に好印象を持っていただきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました