封筒

封筒

そのファイル適していますか?使い分けで業務効率をアップしよう

書類の保管や管理に欠かせない事務用品のひとつにファイルがありますが、用途に合わせてきちんと使い分けることで書類を探す手間が省けることや紛失を防ぐなど仕事の効率においてメリットがたくさんあります。本記事ではそんなファイルの種類から使い方まで詳しくご紹介しています
封筒

封筒の消費期限?!封筒保管にまつわる豆知識

いつも何気なくお使い頂いている封緘糊付封筒に実は商品期限が存在した?!封緘糊付封筒の封緘糊って、意外と消費期限が短いのです。通常の消費期限よりも長くお使い頂くための保存方法と、消費期限内に封筒を使い切るためのちょっとした工夫を伝授します。
封筒

日本郵便のBIZPOSTとは?法人契約すると利用できる魅力的なサービスと利用方法をご紹介!

突然ですが、一般郵便や大きい荷物を送る際に「もう少し効率的に送ることは出来ないだろうか…」「いろいろなサービスがあるのは知っているけど、どれを組み合わせればいいのかわからない…」などと感じられたことはございませんか?日本郵便には「BIZPOST」と呼ばれる法人向けのサービスがあり、それを使うと物流周りの課題が解決できるのです。そこで今回はそのBIZPOSTについて、特徴とメリットをご紹介していきたいと思います。
封筒

法人との違いは?個人事業主が保存必要な帳簿・書類とその保存期間をご紹介!

フリーランスとして活動を開始後、領収書を保存しなければならないことは理解していても、「いったい何年分保管しないといけないのか」「青色確定申告には、どのような書類を用意すればいいのか」等と頭を抱える方も多いと思います。青色確定申告で使用した書類を保管する期間は明確に定められており、「どのような形式で」「どの書類を」「何年分保管しないといけないのか」ということを明確に理解して区必要があります。そこで今回は上記点についてまとめてご説明していきます。
封筒

戦略総務とは?会社経営を大きく左右する総務の役割とは?

突然ですが、総務部門の運営方針として、「戦略総務」という新しい考え方が着実に広まりつつあることをご存じでしょうか。一般的に「総務」というと、社内の業務管理や統制などの業務支援をおこなう「縁の下の力持ち」という印象を持つ人も多いと思いますが、今の世の中では「攻めの役割を果たす総務」が求められています。そこで今回は、組織運営のあり方が多様化する現在、企業の総務部門が活躍するための「戦略総務」の定義や変換することのメリットについて整理し、「強い会社」にしていくためのノウハウをご紹介していきます。
封筒

ヤマト運輸?佐川急便?日本郵政?各社の追跡サービスを徹底比較!

突然ですが、ネット通販での購入物やオフィスの移転業務配達する際に、利用する追跡サービスですが、基本で付帯している場合もあれば、別途料金を払わなければいけないことなどはご存じでしょうか?今回は便利な「追跡サービス」について、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の3社を徹底比較して、その利用方法をまとめました。
封筒

オフィス・事務所の書類整理はカテゴリー別に!身近なもので収納上手になろう

いつの間にか散らかってしまう契約書やプレゼンなどの資料。みなさんは綺麗に整頓できてますか?書類を綺麗に整頓すると、業務効率化出来るだけでなく、引き継ぎなどの際の時間短縮も叶います。書類整理はメリットが沢山あるため、是非散らかってしまう前に取り掛かりましょう。散らかってしまっていても、カテゴリ化するだけで綺麗に整頓できますので、その方法も合わせてご紹介いたします。
封筒

経理だって在勤したい!今から始めるテレワーク導入方法

働き方の変化に伴い、少しずつ在宅で仕事を行うテレワークが一般的になってきました。しかし、経理業務についてはなかなか導入が進んでいないと言われています。本記事では、そんな経理業務のテレワークが定着しないワケや導入するための方法をご紹介いたします。
封筒

【例文あり】お中元・お歳暮へのお返しを失礼にならずに断る正しい方法とは?

お中元やお歳暮の贈り合いは一旦始めてしまうとやめづらいもので、関係性が疎遠になってしまった場合には、相手にも気を使わせてしまっている場合も。そこで今回は失礼にならずかつスムーズにお中元・お歳暮を断る方法をご紹介させて頂きます。是非本記事をご参考に、送り先の再編を行ってみてください。
封筒

社内備品の持ち出し管理はWEB上で!簡単に作れる管理表をご紹介!

働き方改革の影響もあり、近年在宅勤務が増加してきて、会社の備品を持ち帰る機会も増えたかと思います。久しぶりに会社に来てみると「共有で使う備品が壊れてしまっている…」「誰が借りている状態なのかわからない…」などの状況に陥ったことはありませんか?テレワーク普及に際して、近年脚光を浴びているのが、「管理表」の存在です。そこで今回は、管理表を作ることによるメリットと作り方、テンプレートまでご紹介いたします。
タイトルとURLをコピーしました