封筒

DM

開封率アップ!「DM封筒」にできること

「DM封筒」が越えるべきハードルは1.インパクト、2.開封、3.レスポンスの3つ。「読みたい(開封したい)」気持ちを引き出すために「封筒」にできることとして、注意の引き方と、4つの開封加工をポイントを交えながらご紹介しています。
封筒

やってみよう!社用封筒のデザイン

使う頻度が高いからこそ、飽きのこないシンプルなデザインにしたい社用封筒。「ロゴデザインの形」「封筒の向き」「フォント」に焦点を当てて、ベーシックな社用封筒のデザインをご紹介しています。
封筒

大きい封筒は用途ごとに使い分けよう!効率的な活用方法を一挙ご紹介!

普段何気なく使っている封筒ですが、A4サイズやB5サイズを入れるのに適した封筒があることはご存じでしょうか?単に封筒と言っても、「角2号」や「ながさん」などの専門用語や略称語などが溢れており、効率的に理解できない、なんてこともあります。そこで今回の記事では、そんな封筒の中でも大きいサイズの封筒の用途ごとの使い分けなどについてご紹介していきます。
封筒

洋封筒と和封筒の違いを徹底解説!知らないと損する正しい使い分けと複雑なマナーとは!?

突然ですが、和封筒と洋封筒と聞き、どのような封筒を思い浮かべるでしょうか。どちらも同じ封筒ですが、見た目や用途、適した使い方等、全く異なる点も多く存在します。食事や服に和と洋が存在するように、封筒にも和と洋の区別があり、相違点を知らないとマナー違反を犯してしまう危険性もあります。本記事では、いざという時に正しい封筒の使い分けができるよう、和封筒と洋封筒の特徴やマナーについて解説していきます。
封筒

ユニバーサルデザインとは?封筒から始めるビジネスチャンス

突然ですが、ユニバーサルデザインという言葉をご存知でしょうか?バリアフリーのようなイメージを持たれる方も多いかと思いますが、厳密には目的が異なります。そして実は、DMの開封率を考える際に、このユニバーサルデザインを知っているかどうかで結果が変わってきます。今回はユニバーサルデザインを理解した上でDMへの活用方法を考えることで、開封率アップのコツをご紹介していきます。
封筒

黒封筒のイメージは悪い?正しい使い方で印象UPの方法をご紹介!

突然ですが、「黒封筒」と聞いたとき、どのような印象を持つでしょうか。高級、不吉、暗い等、抱く印象は様々だと思います。黒という色は使い方によってはマイナスの印象を与えてしまうため、取り扱いには注意が必要です。本記事では、黒封筒の使い方や活用方法をご紹介していきますので、オリジナル封筒作成時の参考にしてみてください。
封筒

ゆうメールで送る際に最適な封筒とは?お得に送れる方法まで

日本郵便の様々な郵送プランにはそれぞれ特徴あるため、うまく使い分けることで郵送費を抑えることが可能です。中でもゆうメールは、ユニークな料金設定のサービスとなっており、条件によっては格安で利用できるだけでなく、業務効率化を実現することにも繋がります。本記事では、ゆうメールの特徴や上手な使い方を紹介していきますので、是非参考にし、他サービスと使い分けることでコスト削減と業務効率化を目指してみてください。
封筒

素材にこだわれば封筒でも防水可能!?封筒に出来る防水対策とは

突然ですが、封筒を使って手紙や書類を郵送する際、防水対策を施したことはありますか?封筒も封入物も紙製であるにも拘わらず、意外と水への対策を怠ってしまうことが多いかと思います。郵便物は屋内や車内等、雨を防げる環境を経て配送先に配達されますが、気象条件によっては水に濡れる可能性もあるため、防水対策が必要になります。本記事では、封筒への防水対策の方法や特殊な封筒等、軽視されがちな「水への対策」を紹介していきます。
封筒

給料明細用に最適な封筒とは?封筒の種類から注文の仕方まで

毎月給料をお支払いした後に渡す給料明細ですが、その給料明細袋に最も最適な封筒があるのはご存じでしょうか?給料袋同様。給料明細袋も様々なサイズや価格帯があるため、しっかりと理解した上で使用するとそれだけで経費削減にもつながります。そこで今回の記事では、給料明細袋に必要な封筒について、そのサイズや選ぶポイントご紹介していきます。
封筒

封筒の材質にこだわることのメリットとは?紙の種類を一挙ご紹介

封筒に使われる素材として、最も一般的なのは「紙」ですが、その「紙」にもさまざまな種類があり、用途やデザインによって自由に使い分けが必要であることはご存じでしょうか?使用している封筒の材質によって、相手に与える印象が異なてきますので、どの「紙」を選ぶかは非常に重要となってきます。そこでこの記事では、封筒に使われる材質の一覧とその特徴についてご紹介してきます。是非この記事で勉強して頂き、効果的な封筒を選んでいきましょう。
タイトルとURLをコピーしました