窓付き封筒について

窓付き封筒は、透明度の高いセロハンを使用し、中身が一部見えるようデザインされた封筒です。
外から見える部分に、宛名を印刷しておくことで、封筒を郵送する際の
宛名書きや、宛名シールを貼ったりというコストを削減をしてくれます。

長形3号封筒 窓付き

左上に1ヵ所、窓が空いたタイプの封筒になります。
宛名面を中身の書類に印刷することで、封緘後の宛名書きや、宛名シール貼りの手間を削減することができます。
また、宛先と中身が違うといった誤封入を防ぐことにも役立ちます。

窓部分は透明度の高い、見やすくクリアなセロハンを使用しています。

こちらに、実寸大でご確認頂ける、窓の位置見本をご用意しておりますので、ご参考になさってください。

宛名を印刷して封入してみると、思った位置にこず、宛名が隠れてしまうといった場合もあります。大量に作成する際は、事前に宛名の印刷位置をきちんと確認してから本番の印刷を行ってください。

宛名の窓部分は外から見える仕様です。
そのため、紙が薄すぎる場合、大切な封筒の中身の内容が透けて見えてしまう可能性があります
適切な厚みの紙を使用するようにしましょう。

また、どうしても透け感のある紙を利用する場合は、窓部分に中身の文字情報がこないよう、レイアウトや紙の折り方を工夫します。
そうすれば、窓部分から大切な中身が透けることはありません。

封筒のご注文におすすめ!お役立ちコンテンツ
印刷方法について

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いをご紹介。

印刷色・印刷可能範囲について

選べる印刷カラーや、印刷可能な範囲についてをご紹介。

紙の種類について

用紙ごとの特性や、紙色見本、透け感比較など用紙選びに悩んだらご覧ください。

封筒豆知識

封筒のサイズや、口糊、貼り合わせなどの仕様について詳しくご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました